補助金のご紹介

平成31(2019)年度「福岡県既存住宅流通・多世代居住リノベーション推進事業補助金」

補助金交付決定通知の前に着工した場合は、補助金を受けることはできません。

工事の着工の前に必ず申請を行い、交付決定の通知を受け取ってから、着工を行ってください。
※完了実績報告は、工事が完了した日から30日以内に行ってください。年度末は、30日以内であっても3月15日までに行ってください。期限までに完了実績報告書の提出ができない場合は、補助金を受け取ることができません。

事業目的

既存住宅の流通を促進するとともに、若年世帯・子育て世帯に対してに係る経済的支援を行い、高齢者・子育て世帯等が共に安心して暮らすことができる多世代居住を促進することを目的としています。
※若年世帯:配偶者(婚姻の予約者等を含む)との年齢の合計が80歳以下である世帯
※子育て世帯:同居者に18歳未満の者または妊娠している者がいる世帯

事業概要

若年世帯・子育て世帯が行う既存住宅の子育て仕様へのリノベーション工事や親世帯と子世帯が近居・同居を行うためのリノベーション工事に係る費用の一部を補助します。

次世代住宅ポイント

制度概要

次世代住宅ポイント制度とは、消費税率10%が適用される一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅や家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームをされた方に対し、さまざまな商品と交換できるポイントを発行する制度です。